ホテル裏


ニュージーランド・オークランドにて

ホテルを出て、なんの予定もなく見知らぬ街の探索へむかう。

冷たい朝露に濡れた芝生を歩く。
大きなどんぐりがいくつもいくつも転がっていた。
今,6月。南半球はこれから寒さの本番だ。
(6月は夏の入り口!という概念を簡単にくずしてくれる南半球が、だから好きだ。)



冬枯れの並木のむこうに、
白くてアンティークな建物がみえてきた。


冬の朝の、ピンとした寒い青空と建物の白さのコントラスト。
私の吐く息も真っ白だ。


風がふいてきた。
次の交差点は、風の吹く方へ曲がってみるか。


2000/6/21 NewZealand Auckland



INDEXに戻る