先客



いつものコトながら、うろうろしすぎて道に迷った。
おかげで、誰もいないビーチに到着できた。
ものすごく風が強くて、波打ち際で遊ぶにはキビシイビーチだったけれども
私の足元には、小さな先客の残していった足跡が・・。
彼らのビーチを守りたいと思った。


2000/11/6  Central Australia

NEXT
INDEXに戻る